資料請求
お問い合わせ

CONCEPT

家づくりの流れのイメージ画像

SLOW LIFE SLOW HOUSE

SLOW LIFE SLOW HOUSE  洞建の家づくりのモットー。

家づくりの流れのイメージ画像

「日本人は働くために生きており、他国の人は生きるために働いている」という言葉を聞いたことがありますか?勤勉で忙しい日本人をよく表している言葉でしょう。

そんな忙しく疲れた体とココロを、居心地のよい空間で安らげるように、毎日早く帰りたくなる、ほっとする場所。そんな家をつくりたい。

心の豊さとゆとりを追求するライフスタイル (SLOW LIFE)で、豊かな家(SLOW HOUSE)で住む。そんなお手伝いをします。

SLOW LIFE SLOW HOUSEな家づくり、しませんか?

不易流行

不易流行 私たちの信念。

家づくりの流れのイメージ画像

不易流行=永遠に変わらないこと(もの)を忘れず、新しい変化も同様に取り入れて行くこと。または、新しい変化を取り入れていくことこそが、実際は永遠に変わらないことでもある。「不易=永遠に変わらないこと」も「流行=変わり続けること」もどちらも大切である。

大工として木を読み、木を知り、木を使うことを本質と説き、家づくりにとって大切にしたい『変わらない事柄』はそのままに、十分な知識と最先端の技術を追い求める姿勢を常にもちながら、家づくりに取り組んでいます。

こだわりは「木」

家づくりの流れのイメージ画像

家族が一番触れ合い、長い時間共有する場所。それが「家」。いつも居る場所が心地よい空間というのは何にも代えがたいものだと私達は考えます。その心地よさを造るのが「木」。私たちは「木の家づくり」にこだわります。

どうして「木」にこだわるのか?

木という自然素材は時間が経つほどに味わいが増し、人や空気に触れることでにおいや肌ざわり・色合いが変化していきます。そしてあたたかさを生みます。人と同じように毎日毎年変化をしながら、家族とともに生活するのです。これが木の家の魅力です。

洞建の家づくりは、県産材=地元の木を使います。「地産地消」を大切に、職人が木の特質などを明確に理解しつつ、家のどの部分にどのように適しているかを判断しながら、安心と自信ある木の家づくりをしています。

※ 弊社はぎふの木で家づくり 協力工務店です。